樂土の森へようこそ

樂土の森アートプロジェクトは森が木を含め、多くの動植物の集合体であるように、
多様な出来事の軌跡が積み重なり、織りなす空間創りそのものをアートと位置づける
試みであります。
1996年荒地であった場に20余年の歳月をかけ、建築、オブジェ、舞台そして記憶
の中の痕跡が詰め込まれております。今後もさまざまなアーティストの関わりと制作
により、刺激的な空間となることを目指しております。

樂土の森プロジェクト

<叩く、おどる、構築、破壊>

樂土の森に舞い降りた風人雷人(ATSUSHI、中村達也)は、この異形の地に於いて何をもたらそうとしているのか。即興という言葉では言い表せない事のはじまり。目の当たりにした人のみが知ることになる。

樂土舎基本理念

イベント/schedul

『風人雷人』 at Rakudonomori ART project
2019年4月20日(土)
《ドラム×ダンス×映像×建築》

ATSUSHI 踊る   中村達也 叩く  山内啓司 映す

(チケット限定)お申し込みは3月15日 10:00から

詳細はイベント・スケジュール欄へ

樂土のあゆみ

イチロウ・ノート 

土の家−茶室−

地下の舞台

交通アクセス

blueberry

2019.03.025更新